肝斑(かんぱん)に効く化粧品は?どう選んだらいい?

かえって色素沈着するおそれがあるためです。
実は、肝斑のケアだけを行うと、肝斑以外のシミが目立ってくることがわかっています。
そのため、肝斑にもシミにも効果がある美白成分を配合した化粧品でのスキンケアがとても重要なのです。
今まで美白化粧品といっても、シミを消す効果はなく、あくまで予防的な役割がメインだったのですが、最近は美白成分も非常に進化して、肌を漂白する成分が市販化粧品にも配合できるようになりました。
一口に肝斑に効く化粧品といっても、成分をはじめ、形状や容器、使い方など、さまざまな種類があります。
肝斑の場合、比較的大きな面積であらわれる場合もあるので、パックも便利です。