親の家のリフォームで借りられる?

親の家に暮らすことになり、リフォームを考える方は意外に少なくないようです。
親の家、つまり親名義の家を子供がリフォームすることで起こってくること。
親の家を子供の資金で子供がリフォームし暮らすと言う場合、親へ贈与税がかかり、しかもローン控除が受けられないということです。
親へなぜ贈与税がかかるかというと、自分の家ではない子供による親へのリフォームの贈与となるからです。
さらに、こどもは自分の家ではない家をリフォームしていますので、ローンの減税は適用されません。
一番お得にリフォームを行う方法としては、まず親名義になっている家を、リフォームを行う子供名義に変えてしまうのです。
そうすれば、親への贈与税はかからず、しかも持ち分の割合に応じて子供に住宅ローンの減税が適用されるそうです。