住宅ローン借り換え相談で手数料について知りたい

銀行ローンの借り換えは、その手続きに思わぬ出費がかかります。
まず、新規の住宅ローンを組む際に銀行に支払う事務手数料が3万円程度。
新規の銀行で借りたお金を従来の銀行へ一括返済する際に支払う繰り上げ返済手数料が3万円程度かかります。
その他の諸費用として新規の銀行へ支払う保証料が元本1000万円につき20万円程度、担保となる住宅の抵当権を登録するための登録免許税が元本の0.
4%(条件によって0.
1%)、司法書士への報酬が5万円から10万円、抵当権設定契約書に貼る印紙代が2万円(元本1000万円から5000万円の場合)、以上で大雑把に計算すると元本が1000万円で37万円程度、2000万円で58万円、3000万円で79万円程度かかります。
借り換えで浮いた分の金額がこの諸費用より多ければ借り換えるメリットがありますが、素人の皮算用は不正確なので銀行に相談することをお勧めします。
住宅ローン相談無料