住宅ローン借り換えが得になる目安は?

住宅ローンの借り換えでメリットがある条件は「10年、1,000万円、1%」と言われています。
ローンの残り期間が10年以上、ローン残高が1,000万円以上、金利が契約時よりも1%以上低い場合にメリットがあるということです。
しかし、これは一般的に言われている目安であって、実際にはこのフレーズにあてはまらない場合もあります。
たとえば、借り換えに当たって無視できないのが諸費用です。
その中で特に大きな割合を占めているのが保証料で、元本の2%も取られてしまいます。
この数字は元本を3,000万円借り入れると60万円の保証料がかかる計算です。
10年、1000万円、1%のフレーズは、このような基準で算出されたものなので、新生銀行のように保証料を取らない銀行から融資を受ければ、借り換えの目安に柔軟性がでると思います。
住宅ローン借り換えのメリットとデメリットは?【借り換え審査は厳しい?】