琥珀のお値段というのはどれが適正?

琥珀というのは、すごく安いものから高いものまであって、本当に本物なのかどうか信憑性の欠けるものまで販売されています。
安いものには本物というものがほとんど存在しないと断言できることがあり、それは、琥珀自体が希少価値のあるもので、特にそれは虫入りとなれば、それなりの価格がつくことになるのです。
それは数千円で販売される事自体、採算の合わないことをしているので、まず本物ではないと断言できるのです。
安くても、ペンダントのような大きさですと、虫入りの場合4万円以上はするもので、その虫の大きさや何匹琥珀の中にいるのかとか、人気のある昆虫が入っているとかで、その値段は安くなったり、やたらと高くなったりするのです。
比較的人気のない昆虫というとゴキブリあたりが、結構希少価値ではあるにもかかわらず、安めに取引されているのはそのイメージがよくないからなのでしょう。
また、これが蜂などとなると10万円は軽く越えてくる価格になることは間違いないので、安いものには注意して、イミテーションのつもりで購入することをおすすめします。