スターガーネットはどんな魅力があるの?

スターガーネットとは、その名の通り星形に光り輝くパワーストーンとされています。
ガーネット(柘榴石)の一種とされ、それが微細な針状のインクルージョン(内包物)によって星形に輝く「スター効果」を起こしています。
もともとガーネットは、ラテン語の「granum」(種子、殻粒)から派生した言葉であり、「granatum」(多くの種子を持ったもの)、要するに柘榴の意味からきています。
鉱物的には深いワインのような色をした代表的な石、アルマンディンガーネットに分類され、見た目以上の美しさが際立つ石として人気を誇っています。
原石は12面体や24面体の美しい形をしています。
パワーストーンの効果としては、免疫力を強くして身体中に活力を行き渡らせ、エネルギー不足の解消に効果があります。
持ち主の苦労や努力を実らせる効果も有しています。
1月の誕生石で、権力や優雅、勝利、友愛などの象徴とされていますが、「スター効果」によってガーネットよりもパワーがさらに向上し、冷え症にも効果的な石となっています。
産地は主にインドやスリランカ、アフガニスタンなどで、日本も産地の一つです。
スターガーネットは、「持ち主の真の力を引き出す」神秘的な魅力を持った石となっています。
スターガーネット