自営業住宅ローンは安定性が大事?

自営業者の人が住宅ローンの申し込みをする時には、その人に返済能力があるかどうかが審査において、大きなウエイトを占めます。
返済能力には、返せるだけの収支的な証拠となるものを提示できるか、という意味を持っており、このことからも分かる様に、安定性が一番重要になります。
自営業の場合には収支が多かれ少なかれ変動するという特性を持っています。
そのため、今後も安定した収入が継続してあるという証拠を提示することができません。
ですから、自営業住宅ローンは、これまでどれだけの信用実績を積み上げてきたか、ということが審査において重要視されます。
実際に会社員の場合には、収支報告書を1年分提出すれば問題はありませんが、自営業者の場合には、金融機関によっては2年でいい場合もありますが、ほとんどの場合3年分の課税証明書を提出しなければいけません。
ですが、きちんと提示することによって、審査の難易度が低くなるということは実際にあります。
自営業住宅ローン審査甘い銀行!おすすめは?【借り換え基準緩い?】